季節の変わり目になると、体調を崩しやすくなることがあります。

健康は常に意識すべきです

梅雨時に健康状態がすぐれないのは温度の差が原因

季節の変わり目になると、体調を崩しやすくなることがあります。冬から春、春から冬に変わるとき、朝と昼間、そして夜の気温差が10度以上開くことがあります。20度近く開くこともあります。何とか過ごしているように感じますが、体にはダメージが来ています。そのダメージを認識せずに過ごすと、どんどん体調が悪化することがあります。

梅雨時に健康状態がすぐれなくなることがあります。春や秋に比べると、気温の変化はそれほど大きくなさそうです。それでも、真夏に比べると温度の差が出やすくなります。晴れているとき、雨のときで温度差が生じます。同じように生活していると、負担がかかります。晴れのときには暑さに合わせ、雨のときは涼しい状態に合わせるようにします。

簡単にできる対策は、羽織るものを一つ用意しておくことです。そして、涼しいと感じた時にそれを着ます。梅雨の季節になると、室内は冷房が効いていることが多くなります。暑い時の温度に合わせていることがあり、かなり寒く感じることもあります。羽織るものがあれば、多少体温を維持することができます。また、梅雨時は意識して太陽の光を浴びるようにします。良い睡眠を得るには、太陽の光が必要です。

健康・医療でも話題の健康、ネットならここがおすすめですよ